名曲「初恋」の作曲家越谷達之助を偲び、その世界を伝える
by tatsunosukememory
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


啄木に寄せて歌える」全曲演奏会終わる

 6月12日〔日〕14時から、東京駅八重洲口前の東京建物八重洲ホールで、青木純事務所主催・越谷達之助記念会共催による、歌曲集「啄木に寄せて歌える」全曲演奏会が満員のお客さまをお迎えして開催されました。
c0182894_21212912.jpg


 このコンサートは越谷達之助記念会の会員でテノールの青木 純さんが、越谷先生から直接「啄木」の歌い方を伝授され、越谷先生自身の朗読付き、小保内恭子さんのピアノで歌ってから30年になるのを記念して企画されました。

 プログラムはまず歌曲集「野葡萄の紅」のバロック風の前奏曲から始まり、続いて歌曲集「日本の哀愁」から「夢の子守歌」「花のまつり」「亡き母への讃歌」が歌われ、次に「啄木」全15曲が歌われました。「啄木」は一曲ごとに越谷先生が亡くなる1ヶ月に録音した、歌詞となっている啄木の短歌の朗読が流されました。
c0182894_21334138.jpg


 生前越谷先生は自分の作品に於いてピアノの占める位置を「伴奏ではなく協奏」と言われましたが、この日ピアノで協奏したのは山季布枝さん。
c0182894_21361698.jpg


 また越谷先生の親友であった故小林正市さんの甥で越谷歌曲の研究家である海老原幸夫さんが、先生のこと、その作品について、また先生を取り巻いていた人々など興味深いエピソードをまじえて解説をし、好評でした。
c0182894_21431554.jpg


 コンサート後に寄せられた感想のいくつかをご紹介します。

>ピアノ伴奏の素晴らしかったことと久しぶりに越谷先生の声を聞く
ことができ、また青木さんの素晴らしい歌唱力で、天国の越谷先生も満足されていた

>青木さんの歌は情感にあふれ、情景に浸れました。ピアノの音色がまた音階を超えた風のような・・、肌に心地よく、心象を深めてくれました。すぐ前に飾ってあった越谷先生の写真の笑顔が、一段とほころんで見えました

>先生の作品は、オペラの盆栽だと思う。ドラマがある。ミニチュアじゃあなくて、盆栽。質量は小さいけど、宇宙がある。先生の作品だから?それとも、青木純の新境地か、、、

>山季さんの繊細で時にダイナミックな美しい音が青木さんの歌唱力にピッタリで、思わず涙ぐんでしまいました。

>さすが山季さん!と友人と感服。越谷作品に山季さんのピアノ無しは、考えられなくなりました。
青木さんの優しくも優雅な歌声に癒されました。

>こんなにも「終わって欲しくない」演奏会は初めてでした。青木先生の人生のバックグラウンドが注がれた深く澄んだ歌声もさることながら、山季先生の歌手に対する思いやりに溢れる、包み込むような演奏に、また一瞬、音を手放された後の音のダイナミックさに、感動せずにはいられませんでした。

 この様にご好評を頂きましたが、演奏した二人はまだまだ納得がいかず、更なる勉強と挑戦を続けたいとのこと。越谷達之助記念会としても次の演奏会実現に向けて努力していきたいと思っています。来年は「啄木」の講習会又は公開レッスンを開催、又年に一度は定期的に越谷作品のコンサートを開催して、越谷作品の普及、特に若い世代の演奏家と聴衆を育てて行きたいと思っています。
[PR]
by tatsunosukememory | 2011-06-15 22:10 | 越谷作品コンサート
<< 義援金寄付のご報告 「啄木によせて歌える」全曲演奏会決定 >>